仕事が暇でしょうがないときの取り留めない思考

最近仕事がすごくヒマ。今日も午前の分が終わったらやることがない。他の人はどうしているんだろう。上司がいないとみんなネットを見てるけど、さすがに偉い人がいる前ではできないじゃん。ムダにエクセルを開いていても眠くなるし、本当に困る。仕事ありませんかー?って聞いて回るのも限界があるし、ヘビーな仕事をふられても嫌だし。
仕方がないから夕飯の献立でも考える。冷蔵庫には何が残っていたっけ。昨日スーパーによったときに豚肉の切り落としが99円/gだったからまとめ買いして、それが残っている。野菜室には小松菜と使いかけのキャベツが残っている。これは野菜炒めコースか?でも野菜炒めってイマイチおかずにならなくないか?私は良くても食べ盛りの子どもと夫くんには物足りないのではないか。そうなると他にも何か作らないといけない。冷蔵庫にはしらたきがある。しらたきはおかずになるか?メインにはならないよね。すごいブーイングがくるのが目に見えてくる。あとはなんだ、冷凍枝豆。簡単だけどおなかにたまらない、というかおつまみだし。
あれこれ考えるとどんどん眠くなってくる。ここで眠るわけにはいかない。一回仕事中に首がガクン、となってしまったことがあったけど恥ずかしかったな。まわりは見てみぬ振りしてくれてた。まあ、他の人もたまにコックリしているから許しておくれよ。子育てしているパパママが仕事中に疲れて眠くなることもあるよ。そういうことがあっても怒られない職場だから助かる。給与とか福利厚生とか、大手企業と比べたら貧相だけど、まあ、メリットはあるよね。ハードワークの高給取りより、そこそこの仕事でそこそこの給料がもらえて安定していたら万々歳だよ。とはいえ会社はいつまであるか分からないし、手に職を付けようっていってもなかなか今からは大変。あまり先のことは考えず、悲観的にならずに生きていこう。ああ、今日の夕飯は好物のお刺身買って帰っちゃおうかな。