医療ローンを上手に活用するマル秘テク!

title

医療ローンは総量規制対象外

医療機関の治療を受ける時に、その負担が高額になるケースがあります。

そういう時はローンを組めないかと考えますけど、実はそういう支払いに利用できるローンが存在します。

それは医療ローンと呼ばれるもので、医療機関に相談をすれば使う事のできるものです。

このローンは医療行為で必要になる負担を軽減するためのローンなので、かなり金利が安く設定されています。

そのため返済がしやすくなっており、金利負担が気になる方でも利用がしやすくなっています。

また医療ローンは総量規制の対象になっていないので、すでに借り入れをしている人でも利用は可能です。

総量規制とは収入の3分の1以上の借入を規制する制度ですが、本来この制度は過剰な借入れを規制するためにあります。

そのため必要な借金については認めているので、医療ローンの場合は総量規制の対象にはなりません。

ただしお金を貸す側は返済ができるかどうかを重視しているので、無制限にお金を借りられるわけではないです

あくまでその人に返済できる程度までしか貸してくれないので、その点は注意が必要です。

医療ローンはこのように便利なものですけど、病気になった時は返済ができるのか不安になることがあります。

病気の治療で医療ローンを利用した場合は、あとで保険金の請求をすれば返済ができることが多いです。

どちらかというと医療ローンは一時的な立て替えの意味が強くあり、長期的な利用を考えているものではないです。

しかしそういう用途ではなく美容の手術をするために医療ローンを利用する時は、返済を前提にしたローンになることが多いです。

美容関係の治療では保険がきかないことが一般的ですし、そのような施術を受ける時は返済をする必要があります。

その場合も医療ローンは金利が安く返済がしやすいので、いい条件で利用できる事が多いです。

ただ美容目的の場合は総量規制の対象にならなかったとしても、借りる時の条件が厳しくなりやすいので注意が必要です。

  • 2015年7月26日 14:13

ページトップに戻る